User Guide

User Guide
Dell™ OptiPlex™ 760 サービスマニュアル

目次に戻る

トラブルシューティング

Dell™ OptiPlex™ 760 サービスマニュアル

  問題の解決に役立つ情報

  Dell Diagnostics

  問題の解決

  デルテクニカルアップデートサービス


警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読 みください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加 情報に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。
警告: カバーを開く前にコンピュータの電源プラグを必ずコンセントか ら抜いてください。

問題の解決に役立つ情報

電源ライト

コンピュータの前面にある電源ボタンライトは、点滅したり点灯することで以下のさまざまな動作状態を示します。

  • 電源ライトが緑色に点灯していて、コンピュータの反応が停止した場合は、診断ライトを参照してください。

  • 電源ライトが緑色に点滅している場合、コンピュータはスタンバイモードに入っています。キーボードのキーを押したり、マウスを動かしたり、電源ボタンを押したりすると、通常の動作が再開されます。

  • 電源ライトが消灯している場合は、コンピュータの電源が切れているか、電力が供給されていません。

    • 電源ケーブルをコンピュータ背面の電源コネクタとコンセントの両方に抜き差しします。

    • コンピュータが電源タップに接続されている場合、電源タップがコンセントに接続され電源タップがオンになっていることを確認します。

    • 電源保護装置、電源タップ、電源延長ケーブルなどをお使いの場合、それらを取り外してコンピュータに正しく電源が入るか確認します。

    • 電気スタンドなどの別の電化製品で試して、コンセントが機能しているか確認します。

    • 主電源ケーブルと前面パネルケーブルがシステム基板にしっかりと接続されているか確認します。以下を参照してください。

  • 電源ライトが黄色に点滅している場合、コンピュータに電力は供給されていますが、内部で電源の問題が発生している可能性があります。

  • 電源ライトが黄色に点灯している場合は、デバイスが誤動作しているか正しく取り付けられていない可能性があります。

    • メモリモジュールを取り外して、取り付けなおします(メモリを参照)。

    • すべてのカードを取り外してから装着しなおします。以下を参照してください。

  • 電気的な妨害を解消します。電気的な妨害の原因には、以下のものがあります。

    • 電源ケーブル、キーボードケーブル、およびマウスの延長ケーブル。

    • 電源タップに接続されているデバイスが多すぎる。

    • 同じコンセントに複数の電源タップが接続されている。

診断ライト

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータに 付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読みくだ さい。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加情報に関し ては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

問題のトラブルシューティングに役立つように、コンピュータの前面パネルに「1」、「2」、「3」、および「4」とラベルのついた 4 つのライトがあります

メモ: ウルトラスモールフォームファクターコンピュータの場合、診断ライトは背面パネルにあります。詳細については、お使いのコンピュータに付属の『セットアップおよびクイックリファレンスガイド』を参照してください

コンピュータが正常に起動している場合、ライトは点滅してから消灯します。コンピュータが誤作動している場合、ライトのパターンから何が問題になっているのかを確認できます。

メモ: POST が完了したら、OS が起動する前に 4 つのライトはすべて消灯します。

POST 実行中の診断用ライトコード

ライトパターン

問題の内容

推奨される処置

消灯

コンピュータの電源が切れているか、またはコンピュータに電力が供給されていません。

  • 電源ケーブルをコンピュータ背面の電源コネクタとコンセントに抜き差しします。
  • 電源タップ、電源延長ケーブル、およびその他のパワープロテクションデバイスを使用している場合は、それらを外してコンピュータの電源が正常に入ることを確認します。
  • 使用している電源タップがあれば、電源コンセントに接続され、オンになっていることを確認します。
  • 電気スタンドなどの別の電化製品で試して、コンセントが機能しているか確認します。
  • 主電源ケーブルと前面パネルケーブルがシステム基板にしっかりと接続されているか確認します。

消灯

マザーボードに障害が起こっている可能性があります。

  • コンピュータの電源プラグを抜いてください。電力が排出されるまで 1 分間待機してください。コンピュータを使用可能なコンセントに接続し、電源ボタンを押します。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

黄色に点滅

マザーボード、電源ユニットまたは周辺機器の障害が発生している可能性があります。

  • コンピュータの電源を切り、電源プラグは差し込んだままにしておきます。電源置ユニットの背面にある電源テストボタンを押したままにします。

スイッチの隣の電源ユニット診断ライトが点灯する場合、システム基板に問題がある可能性があります。デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

スイッチの隣の電源ユニット診断ライトが点灯しない場合は、内蔵と外付けの周辺機器をすべて外し、電源ユニットテストボタンを押したままにします。これが点灯する場合、いずれかの周辺機器に問題がある可能性があります。デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

  • それでも電源ユニット診断ライトが点灯しない場合は、電源ユニットをシステム基板から外し、電源ボタンを押したままにします。

ライトが点灯する場合、システム基板に問題がある可能性があります。

それでも電源ユニット診断ライトが点灯しない場合、問題はおそらく電源ユニットにあります。

デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

黄色に点灯

CPU がありません。

  • プロセッサを取り付けなおし、システムを再起動します。それでもコンピュータが起動しない場合は、プロセッサソケットに損傷がないか確認します。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

黄色に点灯

メモリモジュールが検出されましたが、メモリ障害が発生しています。

  • 2 枚以上のメモリモジュールが取り付けられている場合は、モジュールをすべて取り外し、1 枚のモジュールを取り付けなおしてコンピュータを起動します。

コンピュータが正常に起動する場合は、障害のあるモジュールを確認するか、またはエラーが発生しないまますべてのモジュールを取り付けなおすまで、残りのメモリモジュールを 1 枚ずつ追加していきます。

取り付けているメモリモジュールが 1 枚の場合は、別の DIMM コネクタに移動してコンピュータを起動します。

  • 同じ種類の正常に動作しているメモリがあれば、そのメモリをコンピュータに取り付けます。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

黄色に点灯

CPU またはマザーボードに障害が発生している可能性があります。

  • プロセッサを動作確認済みのプロセッサと交換します。それでもコンピュータが起動しない場合は、プロセッサソケットに損傷がないか確認します。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

黄色に点灯

BIOS が壊れているか、見つかりません。

  • コンピュータのハードウェアは正常に動作していますが、BIOS が壊れているか、または存在しない可能性があります。デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

黄色に点灯

マザーボードに障害が発生している可能性があります。

  • PCI および PCI-E スロットからすべてのカードを取り外し、コンピュータを起動します。コンピュータが起動したら、すべてのカードを 1 枚ずつ取り付けなおして、問題のあるカードを特定します。
  • 問題が解決しない場合は、システム基板に障害が発生している可能性があります。デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

黄色に点灯

電源コネクタが正しく取り付けられていません。

  • 電源ユニットの 2x2 電源コネクタを抜き差しします。
  • それでもコンピュータが起動しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

黄色に点灯

周辺機器カードまたはマザーボードに障害が発生している可能性があります。

  • PCI および PCI-E スロットからすべてのカードを取り外し、コンピュータを起動します。コンピュータが起動したら、すべてのカードを 1 枚ずつ取り付けなおして、問題のあるカードを特定します。
  • 問題が解決しない場合、システム基板がおそらく不良です。デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

黄色に点灯

マザーボードに障害が発生している可能性があります。

  • 内蔵と外付けの周辺機器をすべて外し、コンピュータを起動します。コンピュータが起動したら、すべての周辺機器を 1 台ずつ取り付けなおして、問題のある周辺機器を特定します。 デルへのお問い合わせを参照してください。
  • 問題が解決しない場合、システム基板がおそらく不良です。デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

黄色に点灯

コイン型バッテリーに障害が発生している可能性があります。

  • コイン型バッテリーを 1 分間取り外し、再度取り付け、コンピュータを起動します。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

緑色に点灯

コンピュータは正常に動作しています

コンピュータが正常に OS を起動した場合、診断ライトは点灯しません。

  • ディスプレイが接続されていて電源が入っているか確認します。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

緑色に点灯

プロセッサに障害が発生した可能性があります。

  • プロセッサを抜き差しします(お使いのコンピュータのプロセッサに関する情報を参照)。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

緑色に点灯

メモリモジュールが検出されましたが、メモリ障害が発生しています。

  • 2 枚以上のメモリモジュールが取り付けられている場合は、モジュールをすべて取り外し、1 枚のモジュールを取り付けなおします(メモリを参照)。

コンピュータを起動します。コンピュータが正常に起動する場合は、障害のあるモジュールを確認するか、またはエラーが発生しないまますべてのモジュールを取り付けなおすまで、残りのメモリモジュールを 1 枚ずつ追加していきます。

  • 同じ種類で動作確認済みのメモリがある場合は、そのメモリをコンピュータに取り付けます(メモリを参照)。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

緑色に点灯

グラフィックスカードに障害が発生した可能性があります。

  • 取り付けられているすべてのグラフィックスカードを抜き差しします(お使いのコンピュータの「カード」の項を参照)。
  • 動作確認済みのグラフィックスカードがあれば、そのカードをコンピュータに取り付けます。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

緑色に点灯

フロッピードライブまたはハードドライブに障害が発生した可能性があります。

すべての電源ケーブルおよびデータケーブルを抜き差しします。

緑色に点灯

USB に不具合が発生した可能性があります。

すべての USB デバイスを取り付けなおし、すべてのケーブル接続を確認します。

青色に 緑色

メモリモジュールが検出されません。

コンピュータが正常に起動する場合は、障害のあるモジュールを確認するか、またはエラーが発生しないまますべてのモジュールを取り付けなおすまで、残りのメモリモジュールを 1 枚ずつ追加していきます。

  • 同じ種類で動作確認済みのメモリがある場合は、そのメモリをコンピュータに取り付けます(メモリを参照)。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

緑色に点灯

メモリモジュールは検出されましたが、メモリ構成または互換性のエラーが発生しました。

  • メモリモジュール / メモリコネクタの配置に特別な要件がないことを確認します。
  • メモリがお使いのコンピュータによってサポートされていることを確認します(コンピュータに付属の『セットアップおよびクイックリファレンスガイド』を参照してください)
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

緑色に点灯

拡張カードに障害が発生した可能性があります。

  • グラフィックスカード以外の拡張カードを 1 枚取り外してコンピュータを再起動し、競合が発生しているかどうかを調べます(お使いのコンピュータの『カード』の項を参照)。
  • 問題が解決しない場合は、取り外したカードを取り付け、別のカードを取り外して、コンピュータを再起動します。
  • 取り付けられていたそれぞれの拡張カードについて、この手順を繰り返します。コンピュータが正常に起動する場合は、コンピュータから取り外した最後のカードのリソースの競合のトラブルシューティングを行います。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

緑色に点灯

別の障害が発生しました。

  • ハードドライブとオプティカルドライブのすべてのケーブルがシステム基板に正しく接続されていることを確認します(お使いのコンピュータの「システム基板のコンポーネント」の項を参照)。
  • デバイス(フロッピードライブやハードドライブなど)のエラーメッセージが画面に表示されている場合は、そのデバイスが正常に機能しているかどうかを確認します。
  • OS がデバイス(フロッピードライブまたはオプティカルドライブなど)からの起動を試みている場合は、セットアップユーティリティを使用して、コンピュータに取り付けられているデバイスの起動順序が適切かどうかを確認します。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

緑色に点滅

コンピュータはスタンバイモードになっています。

キーボードのキーを押したり、マウスを動かしたり、電源ボタンを押したりすると、通常の動作が再開されます。

電源ユニット診断ライト

電源ユニット診断ライトは、コンピュータ背面の電源コネクタの近くにあります。ライトは点灯したり消灯したりすることで、異なる状態を示します。

  • 消灯 - 電源ユニットの電源を使用できないか、電源ユニットが機能していないことを示します。

  • 緑色のライト - 電源ユニットの電源を使用できることを示します。

ビープコード

お使いのコンピュータの起動時に、モニターにエラーメッセージまたは問題を表示できない場合、ビープ音が連続して鳴ることがあります。たとえば、短いビープ音を 3 回繰り返すビープコードがあります。これは、コンピュータでシステム基板障害の可能性が検出されたことを知らせます。

お使いのコンピュータの起動時に、ビープ音が連続して鳴る場合には、次の手順に従います。

  1. ビープコードを書き留めます。

  2. Dell Diagnostics を実行し、問題を詳しく調査します (Dell Diagnosticsを参照)。

    コード

    原因

    2 回短く、1 回長く

    BIOS チェックサムエラー

    1 回長く、3 回短く、2 回短く

    メモリエラー

    1 回短く

    F12 キーが押されている



コード(短いビープ音の繰り返し回数)

説明

推奨される処置

1

BIOS チェックサム障害。システム基板障害の可能性があります。

デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

2

メモリモジュールが検出されない。

  • 2 枚以上のメモリモジュールが取り付けられている場合は、モジュールをすべて取り外し、1 枚のモジュールを取り付けなおして、コンピュータを起動します。コンピュータが正常に起動する場合は、障害のあるモジュールを確認するか、またはエラーが発生しないまますべてのモジュールを取り付けなおすまで、残りのメモリモジュールを 1 枚ずつ追加していきます。メモリを参照してください。
  • 同じ種類で動作確認済みのメモリがある場合は、そのメモリをコンピュータに取り付けます。メモリを参照してください。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

3

システム基板障害の可能性があります。

デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

4

RAM 書き込み / 読み取り障害。

  • メモリモジュール / メモリコネクタの配置に特別な要件がないことを確認します。メモリを参照してください。
  • 使用するメモリがお使いのコンピュータでサポートされていることを確認します。メモリを参照してください。
  • 問題が解決しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

5

リアルタイムクロック障害。バッテリー障害またはシステム基板障害の可能性があります。

6

ビデオ BIOS テスト障害。

デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

システムメッセージ

メモ: 表示されたメッセージが表にない場合は、メッセージが表示されたときに実行していた OS またはプログラムのマニュアルを参照してください。

Alert!Previous attempts at booting this system have failed at checkpoint [nnnn].For help in resolving this problem, please note this checkpoint and contact Dell Technical Support — 同じエラーが原因で、コンピュータは起動ルーチンの完了に 3 回連続して失敗しました(デルへのお問い合わせを参照)。

CMOS checksum error — システム基板に障害が発生しているか、または RTC バッテリー残量が低下している可能性があります。バッテリーを交換してください。バッテリーを参照して交換するか、デルへのお問い合わせを参照してサポートに連絡します。

CPU fan failure — CPU ファン障害です。CPU ファンを交換します。以下を参照してください。

Floppy diskette seek failure — ケーブルが緩んでいるか、コンピュータ設定情報がハードウェア設定と一致していない可能性があります。ケーブルの接続を確認します。サポートを受けるには デルへのお問い合わせを参照してください。

Diskette read failure — フロッピーディスクが不良であるか、またはケーブルが緩んでいる可能性があります。フロッピーディスクを交換するか、ケーブル接続に緩みがないか確認します。

Hard-disk read failure — ハードドライブ起動テスト中にハードドライブ障害が発生した可能性があります(サポートを受けるにはデルへのお問い合わせを参照)。

Keyboard failure —

キーボードに障害が発生したか、またはキーボードケーブルが緩んでいます(キーボードの問題を参照)。

No boot device available — システムが、起動可能なデバイスまたはパーティションを見つけられません。

    • フロッピードライブが起動デバイスの場合、ケーブルが接続されているか、起動可能なフロッピーディスクがドライブに挿入されているかを確認します。
    • ハードドライブが起動デバイスの場合、ケーブルがドライブに適切に取り付けられていて、起動デバイスとしてパーティション分割されていることを確認します。
    • セットアップユーティリティを起動して、起動順序の情報が正しいか確認します(セットアップユーティリティを参照)。

No timer tick interrupt —  システム基板上のチップが誤動作しているか、またはマザーボードに障害が発生している可能性があります(サポートを受けるにはデルへのお問い合わせを参照)。

Non-system disk or disk error — 起動可能な OS の入ったフロッピーディスクと交換するか、フロッピーディスクを取り出してコンピュータを再起動します。

Not a boot diskette — 起動ディスクを挿入して、コンピュータを再起動します。

NOTICE - Hard Drive SELF MONITORING SYSTEM has reported that a parameter has exceeded its normal operating range.Dell recommends that you back up your data regularly.A parameter out of range may or may not indicate a potential hard drive problem —

S.M.A.R.T エラーです。HDD に障害が発生している可能性があります。この機能はセットアップユーティリティで有効または無効にできます。

ハードウェアに関するトラブルシューティング

デバイスが OS のセットアップ中に検知されない、または、検知されても設定が正しくない場合は、ハードウェアに関するトラブルシューティングを利用して OS とハードウェアの不適合の問題を解決できます。

Windows XP の場合

  1. スタート ® ヘルプとサポート をクリックします。

  2. 検索フィールドに ハードウェアに関するトラブルシューティング と入力し、<Enter> を押して検索を開始します。

  3. 問題を解決する セクションで、ハードウェアのトラブルシューティ ング をクリックします。

  4. ハードウェアに関するトラブルシューティング のリストで、問題に 関連するオプションを選択し、次へ をクリックして、その後に表示 されるトラブルシューティングの手順に従います。

Windows Vista の場合

  1. Windows Vista のスタートボタン をクリックして、ヘルプとサ ポート をクリックします。

  2. 検索フィールドに、hardware troubleshooter と入力し、 <Enter> を押して検索を開始します。

  3. 検索結果のうち、問題を最もよく表しているオプションを選択し、 残りのトラブルシューティング手順に従います。


Dell Diagnostics

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読 みください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加 情報に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

Dell Diagnostics を使用する場合

コンピュータに問題が発生した場合、デルにお問い合わせになりサポートを受ける前に、問題の解決のチェック事項を実行してから、Dell Diagnostics を実行します。

Dell Diagnostics は、ハードドライブから、またはコンピュータに付属の Drivers and Utilities メディアから起動できます。

メモ: Drivers and Utilities メディアはオプションなので、出荷時にすべてのコンピュータに付属しているわけではありません。
メモ: Dell Diagnostics は Dell コンピュータ上でのみ動作します。

Dell Diagnostics をハードドライブから起動する場合

Dell Diagnostics を実行する前に、セットアップユーティリティを起動し(セットアップユーティリティの起動を参照)、コンピュータの設定情報を参照して、テストするデバイスがセットアップユーティリティに表示され、アクティブであることを確認します。

Dell Diagnostics は、ハードドライブの診断ユーティリティ専用のパーティションに格納されています。

メモ: コンピュータに画面イメージが表示されない場合は、デルまでお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。
  1. コンピュータが、正常に機能していることが確認済みのコンセント に接続されていることを確かめます。

  2. コンピュータの電源を入れます(または再起動します)。

  3. DELL ロゴが表示されたら、すぐに <F12> を押します。

メモ: キーを長く押したままにすると、キーボードエラーが発生する場合があります。キーボードエラーを回避するには、<F12> を押して放す操作を等間隔で行って 起動デバイスメニューを開いてください。

キーを押すタイミングが遅れて OS のロゴが表示されてしまったら、Microsoft Windows デスクトップが表示されるまでそのまま待機し、コンピュータをシャットダウンして操作をやりなおしてください。

  1. 上下矢印キーを使用して起動メニューから Diagnostics を選択し、 <Enter> を押します。

メモ: 診断ユーティリティパーティションが見つからないことを知らせるメッセージが表示された場合は、Drivers and Utilities メディアから Dell Diagnostics を実行します(Dell Diagnostics を DriversandUtilities メディアから起動する場合を参照)。
  1. 任意のキーを押すと、ハードドライブ上の診断ユーティリィティ パーティションから Dell Diagnostics が起動します。

  2. <Tab> を押して Test System を選択し、<Enter> を押します。

メモ: Test System を選択して、コンピュータの完全なテストを実行することをお勧めします。Test Memory を選択すると、拡張メモリのテストが開始されます。このテストが完了するまで 30 分以上かかる場合があります。テストが完了したら、テストの結果を記録し、任意のキーを押して前のメニューに戻ります。
  1. Dell Diagnostics の Main Menu(メインメニュー)で、マウスをク リックするか、<Tab> を押してから <Enter> を押して、実行するテ ストを選択します(Dell Diagnostics のメインメニューを参照)。

メモ: エラーコードと問題の説明を正確にそのまま書き留め、画面の指示に従います。
  1. すべてのテストが完了したら、テストウィンドウを閉じ、 Dell Diagnostics の Main Menu(メインメニュー)に戻ります。

  2. Main Menu(メインメニュー)ウィンドウを閉じて Dell Diagnostics を終了し、コンピュータを再起動します。

Dell Diagnostics を DriversandUtilities メディアから起動する場合

Dell Diagnostics を実行する前に、セットアップユーティリティ(セットアップユーティリティの起動を参照)を起動し、コンピュータの設定情報を参照して、テストするデバイスがセットアップユーティリティに表示され、アクティブであることを確認します。

  1. Drivers and Utilities メディアをオプティカルドライブにセットし ます。

  2. コンピュータを再起動します。

  3. DELL ロゴが表示されたら、すぐに F12 を押します。

メモ: キーを長く押したままにすると、キーボードエラーが発生する場合があります。キーボードエラーを回避するには、<F12> を押して放す操作を等間隔で行って起動デバイスメニューを開いてください。

キーを押すタイミングが遅れて OS のロゴが表示されてしまったら、Microsoft Windows デスクトップが表示されるまでそのまま待機し、コンピュータをシャットダウンして操作をやりなおしてください。

  1. 起動デバイスのリストが表示されたら、上下矢印キーを使用して CD/DVD/CD-RW Drive をハイライト表示し、<Enter> を押します。

メモ: 1 回限りの起動メニューを選択すると、今回の起動に限り起動順序が変更されます。再起動すると、コンピュータはセットアップユーティリティで指定された起動順序に従って起動します。
  1. 任意のキーを押して、CD/DVD から起動することを確定します。

キーを押すタイミングが遅れて OS のロゴが表示されてしまったら、Microsoft Windows デスクトップが表示されるまでそのまま待機し、コンピュータをシャットダウンして操作をやりなおしてください。

  1. 1 を入力して Run the 32 Bit Dell Diagnostics を選択します。

  2. Dell Diagnostics Menu で、1 を入力して Dell 32-bit Diagnostics for Resource CD(graphical user interface)を選択します。

  3. <Tab> を押して Test System を選択し、<Enter> を押します。

メモ: Test System を選択して、コンピュータの完全なテストを実行することをお勧めします。Test Memory を選択すると、拡張メモリのテストが開始されます。このテストが完了するまで 30 分以上かかる場合があります。テストが完了したら、テストの結果を記録し、任意のキーを押して前のメニューに戻ります。
  1. Dell Diagnostics の Main Menu(メインメニュー)で、マウスを左 クリックするか、<Tab> を押し、次に <Enter> を押して、実行する テストを選択します(Dell Diagnostics のメインメニューを参照)。

メモ: エラーコードと問題の説明を正確にそのまま書き留め、画面の指示に従います。
  1. すべてのテストが完了したら、テストウィンドウを閉じ、 Dell Diagnostics の Main Menu(メインメニュー)に戻ります。

  2. Main Menu(メインメニュー)ウィンドウを閉じて Dell Diagnostics を終了し、コンピュータを再起動します。

  3. Drivers and Utilities メディアをオプティカルドライブから取り出 します。

Dell Diagnostics のメインメニュー

Dell Diagnostics がロードされると、以下のメニューが表示されます。

オプション

機能 

Test Memory

スタンドアロンメモリのテストを実行します。

Test System

システム診断プログラムを実行します。

Exit

Diagnostics(診断)を終了します。

<Tab> を押して、実行するテストを選択し、<Enter> を押します。

メモ: Test System を選択して、コンピュータの完全なテストを実行することをお勧めします。Test Memory を選択すると、拡張メモリのテストが開始されます。このテストが完了するまで 30 分以上かかる場合があります。テストが完了したら、テストの結果を記録し、任意のキーを押してこのメニューに戻ります。

Test System を選択すると、以下のメニューが表示されます。

オプション

機能 

Express Test

システム内のデバイスのクイックテストが実行されます。このテストは通常 10 ~ 20 分かかります。

メモ: Express Test ではユーザーの操作は必要ありません。最初に Express Test を実行すると、問題をすばやく特定できる可能性が増します。

Extended Test

システム内のデバイスの詳細なテストが実行されます。このテストは通常 1 時間以上かかる可能性があります。

メモ: Extended Test では、表示される質問にユーザーが回答を入力する必要があります。

Custom Test

特定のデバイスをテストしたり、実行するテストをカスタマイズする場合に使用します。

Symptom Tree

このオプションでは、発生している問題の症状に基づいたテストを選択できます。このオプションは、最も一般的な症状を一覧表示します。

メモ: コンピュータのデバイスの完全なチェックを実行する場合は、Extended Test を選択することをお勧めします。

テスト中に問題が検出されると、エラーコードと問題を説明するメッセージが表示されます。エラーコードと問題の説明を正確にそのまま書き留め、画面の指示に従います。問題を解決できない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

メモ: デルにお問い合わせになると、サービスタグを尋ねられますので、事前に確認しておいてください。お使いのコンピュータのサービスタグは、各テスト画面の上部にあります。

以下のタブには、Custom Test または Symptom Tree オプションから実行されるテストの追加情報が表示されます。

タブ

機能 

Results

テストの結果、および発生したすべてのエラーの状態が表示されます。

Errors

検出されたエラー状態、エラーコード、問題の説明が表示されます。

Help

テストの説明が表示されます。テスト実行の要件があれば、その説明も表示されます。

Configuration

選択したデバイスのハードウェア構成が表示されます。

Dell Diagnostics では、セットアップユーティリティ、メモリ、および各種内部テストからすべてのデバイスの構成情報を取得して、画面左のウィンドウのデバイスリストに表示します。

メモ: デバイスリストには、コンピュータに取り付けられたコンポーネントやコンピュータに接続されたデバイスの名前がすべて表示されるとは限りません。

Parameters

必要に応じてテストの設定を変更し、テストをカスタマイズすることができます。


問題の解決

コンピュータのトラブルシューティングについては、次のヒントに従ってください。

  • 部品を追加したり取り外した後に問題が発生した場合、取り付け手順を見直して、部品が正しく取り付けられているか確認します。

  • 周辺デバイスが機能しない場合、デバイスが適切に接続されているか確認します。

  • 画面にエラーメッセージが表示される場合、メッセージを正確にメモします。このメッセージは、サポート担当者が問題を診断および解決するのに役立つ場合があります。

  • プログラムの実行中にエラーメッセージが表示される場合、そのプログラムのマニュアルを参照してください。

メモ: 本書に記載されている手順は、Windows のデフォルト表示用に書かれているため、クラシック表示に設定している場合には適用されません。

バッテリーの問題

警告: バッテリーの取り付け方が間違っていると、破裂するおそれがあ ります。バッテリーを交換する場合は、同じバッテリー、または製造元が 推奨する同等のバッテリーのみを使用してください。使用済みのバッテ リーは、製造元の指示に従って廃棄してください。
警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読 みください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加 情報に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

バッテリーを交換します —

コンピュータの電源を入れた後、時刻と日付の情報を繰り返しリセットする必要がある場合、または起動時に間違った時刻または日付が表示される場合は、バッテリーを交換します(「バッテリーの交換」を参照)。それでもバッテリーが正常に機能しない場合は、デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

ドライブの問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読み ください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加情報 に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

Microsoft Windows がドライブを認識しているかを確認します —

Windows XP の場合

  • スタート をクリックして、マイコンピュータ をクリックします。

Windows Vista の場合

  • Windows Vista のスタートボタン をクリックし、コンピュータ をクリックします。

ドライブがリストに表示されていない場合は、アンチウイルスソフトでウイルスチェックを行い、ウイルスの検出と除去を行います。ウイルスが原因で Windows がドライブを検出できないことがあります。

ドライブをテストします —

  • 元のドライブに欠陥がないことを確認するために、別のディスクを挿入します。
  • 起動ディスクを挿入して、コンピュータを再起動します。

ドライブまたはディスクをクリーニングします —

コンピュータのクリーニングの詳細については、『Dell テクノロジガイド』を参照してください

ケーブル接続を確認します

ハードウェアに関するトラブルシューティングを実行します —

ハードウェアに関するトラブルシューティングを参照してください。

Dell Diagnostics を実行します —

Dell Diagnosticsを参照してください。

オプティカルドライブの問題

メモ: 高速オプティカルドライブの振動は一般的なもので、ノイズを引き起こすこともありますが、ドライブやメディアの異常ではありません。
メモ: 世界各国には様々なディスク形式があるため、お使いの DVD ドライブでは再生できない DVD もあります。

Windows のボリュームを調整します —

  • 画面右下角にあるスピーカーのアイコンをクリックします。
  • スライドバーをクリックし、上にドラッグして、音量が上がることを確認します。
  • サウンドがミュートに設定されていないか確認し、設定されている場合はチェックマークの付いたボックスをクリックします。

スピーカーとサブウーハーを確認します —

サウンドおよびスピーカーの問題を参照してください。

オプティカルドライブへの書き込みの問題

その他のプログラムを閉じます —

オプティカルドライブは、データの書き込み中、一定したデータの流れを必要とします。データの流れが中断されるとエラーが発生します。オプティカルドライブへの書き込みを開始する前に、すべてのプログラムを終了してください。

ディスクに書き込む前に、Windows のスタンバイモードをオフにします —

省電力モードについては、Windows のヘルプとサポートセンターでスタンバイというキーワードで検索して該当するトピックを参照してください

ハードドライブの問題

チェックディスクを実行します —  

Windows XP の場合

  1. スタート をクリックして、マイコンピュータ をクリックします。
  2. ローカルディスク(C:)を右クリックします。
  3. プロパテ ®ツール ® チェックする をクリックします。
  4. 不良セクタをスキャンし、回復する をクリックし、開始 をクリックします。

Windows Vista の場合

  1. スタート   をクリックして、コンピュータ をクリックします。
  2. ローカルディスク(C:)を右クリックします。
  3. プロパティ®ツール ® チェックする をクリックします。

ユーザーアカウント制御 ウィンドウが表示される場合があります。お客様がコンピュータの管理者の場合は、続行 をクリックします。管理者でない場合は、管理者に問い合わせて目的の操作を続行します。

  1. 画面の指示に従います。

エラーメッセージ

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読 みください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加 情報に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

エラーメッセージがリストにない場合は、メッセージが表示されたときに実行していた OS またはプログラムのマニュアルを参照してください。

A filename cannot contain any of the following characters: \ / : * ?" < > | —  これらの記号をファイル名に使用しないでください。

A required .DLL file was not found — 実行しようとしているプログラムに必要なファイルがありません。次の操作を行い、プログラムを削除して再インストールします。

Windows XP の場合

  1. スタート コントロール パネル ® プログラムの追加と削除 ®プログラムと機能 をクリックします。
  2. 削除するプログラムを選択します。
  3. アンインストール をクリックします。
  4. インストール手順については、プログラムのマニュアルを参照してください。

Windows Vista の場合

  1. スタート  ® コントロール パネル ® プログラム ® プログラムと機能 をクリックします。
  2. 削除するプログラムを選択します。
  3. アンインストール をクリックします。
  4. インストール手順については、プログラムのマニュアルを参照してください。

drive letter :\ is not accessible.The device is not ready — ドライブがディスクを読み取ることができません。ドライブにディスクをセットし、再試行してください。

Insert bootable media — 起動可能なディスク、CD または DVD を挿入します。

Non-system disk error — フロッピーディスクをドライブから取り出し、コンピュータを再起動します。

Not enough memory or resources.Close some programs and try again — すべてのウィンドウを閉じ、使用するプログラムのみを開きます。場合によっては、コンピュータを再起動してコンピュータリソースを復元する必要があります。その場合、使用するプログラムを最初に開きます。

Operating system not found — デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。

IEEE 1394 デバイスの問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読 みください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加 情報に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。
メモ: お使いのコンピュータがサポートしているのは、IEEE 1394a 規格のみです。

デバイスおよびコンピュータのコネクタに IEEE 1394 デバイスのケーブルが適切に挿入されていることを確認します

セットアップユーティリティで IEEE 1394 デバイスが有効になっていることを確認します —  セットアップユーティリティのオプションを参照してください。

IEEE 1394 デバイスが Windows によって認識されているか確認します —

Windows XP の場合

  1. スタートをクリックし、コントロールパネルをクリックします。
  2. 作業する分野を選びます で、パフォーマンスとメンテナンス ® システム ® システムのプロパティ ® ハードウェア  ®デバイスマネージャ をクリックします。

Windows Vista の場合

  1. スタート  ® コントロールパネル  ® ハードウェアとサウンド をクリックします。
  2. デバイスマネージャをクリックします。

IEEE 1394 デバイスがリストに表示されている場合、Windows はデバイスを認識しています。

Dell IEEE 1394 デバイスに問題が発生している場合 —

デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。 

デル以外から購入した IEEE 1394 デバイスに問題がある場合 — IEEE 1394 デバイスの製造元にお問い合わせください。

キーボードの問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータに 付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読みくだ さい。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加情報に関し ては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

キーボードケーブルを確認します —  

  • キーボードケーブルがコンピュータにしっかりと接続されているか確認します。
  • コンピュータをシャットダウンし(作業を開始する前にを参照)、キーボードケーブルをコンピュータのセットアップ図に示されているように接続しなおし、コンピュータを再起動します。
  • ケーブルに損傷がないか、擦り切れていないか、ケーブルコネクタのピンが曲がったり壊れていたりしないかを確認します。曲がったピンがあれば、まっすぐにします。
  • キーボード延長ケーブルがあればそれを外し、キーボードを直接コンピュータに接続します。

キーボードを確認します — 正常に機能している別のキーボードをコンピュータに接続して、使用してみます。

ハードウェアに関するトラブルシューティングを実行します —

ハードウェアに関するトラブルシューティングを参照してください。

フリーズおよびソフトウェアの問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読 みください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加 情報に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

コンピュータが起動しない

診断ライトを確認します —

診断ライトを参照してください。

電源ケーブルがコンピュータとコンセントにしっかりと接続されているか確認します

コンピュータの反応が停止した場合

警告: OS のシャットダウンが実行できない場合、データが失われるおそれがあります。

コンピュータの電源を切ります — キーボードのキーを押したり、マウスを動かしてもコンピュータが応答しない場合は、コンピュータの電源が切れるまで、電源ボタンを 8 ~ 10 秒以上押し続けます。電源が切れたら、コンピュータを再起動します。

プログラムが応答しない

プログラムを終了します —

 

  1. <Ctrl><Shift><Esc> を同時に押してタスクマネージャを開きます。
  2. アプリケーション タブをクリックします。
  3. 応答しなくなったプログラムをクリックして選択します。
  4. タスクの終了 をクリックします。

プログラムが繰り返しクラッシュする

メモ: ほとんどのソフトウェアのインストールの手順は、ソフトウェアのマニュアル、フロッピーディスク、CD または DVD に収録されています。

ソフトウェアのマニュアルを参照します —

必要に応じて、プログラムをアンインストールしてから再インストールします。

プログラムが以前の Windows OS 向けに設計されている

プログラム互換性ウィザードを実行します —

 

Windows XP の場合

Windows XP には、Windows XP とは異なる OS に近い環境でプログラムが動作するように設定できるプログラム互換性ウィザードがあります。

  1. スタート ® すべてのプログラム ® アクセサリ ® プログラム互換性ウィザード ® 次へ をクリックします。
  2. 画面の指示に従います。

Windows Vista の場合

Windows Vista には、Windows Vista とは異なる OS に近い環境でプログラムが動作するよう設定できるプログラム互換性ウィザードがあります。

  1. スタート ®コントロールパネル ® プログラム® 古いプログラムをこのバージョンの Windows で使用 をクリックします。
  2. プログラム互換性ウィザードの開始画面で、次へ をクリックします。
  3. 画面の指示に従います。

画面が青色(ブルースクリーン)になった

コンピュータの電源を切ります — キーボードのキーを押したり、マウスを動かしてもコンピュータが応答しない場合は、コンピュータの電源が切れるまで、電源ボタンを 8 ~ 10 秒以上押し続けます。電源が切れたら、コンピュータを再起動します。

その他のソフトウェアの問題

トラブルシューティング情報については、ソフトウェアのマニュアルを確認するかソフトウェアの製造元に問い合わせます —

 

  • プログラムがお使いのコンピュータにインストールされている OS と互換性があるか確認します。
  • お使いのコンピュータがソフトウェアを実行するのに必要な最小ハードウェア要件を満たしていることを確認します。詳細に関しては、ソフトウェアのマニュアルを参照してください。
  • プログラムが正しくインストールおよび設定されているか確認します。
  • デバイスドライバがプログラムと競合していないか確認します。
  • 必要に応じて、プログラムをアンインストールしてから再インストールします。

お使いのファイルのバックアップを今すぐ作成します

ウイルススキャンプログラムを使用して、ハードドライブ、フロッピーディスク、CD または DVD を調べます

開いているファイルをすべて保存してから閉じ、実行中のプログラムをすべて終了して、スタート メニューからコンピュータをシャットダウンします。

メモリの問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読 みください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加 情報に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

メモリが不足しているというメッセージが表示された場合 —  

  • 開いているファイルをすべて保存してから閉じ、使用していない実行中のプログラムをすべて終了して、問題が解決するか調べます。
  • メモリの最小要件については、ソフトウェアのマニュアルを参照してください。必要に応じて、増設メモリを取り付けます(メモリモジュールの取り付けを参照)。
  • メモリモジュールを抜き差しして(メモリを参照)、コンピュータがメモリと正常にデータのやり取りを実行しているか確認します。
  • Dell Diagnostics を実行します(Dell Diagnosticsを参照)。

メモリにその他の問題がある場合 —  

  • メモリモジュールを抜き差しして(メモリを参照)、コンピュータがメモリと正常にデータのやり取りを実行しているか確認します。
  • メモリの取り付けガイドラインに従っているか確認します(メモリモジュールの取り付けを参照)。
  • 使用するメモリがお使いのコンピュータでサポートされていることを確認します。お使いのコンピュータに対応するメモリの詳細については、メモリを参照してください。
  • Dell Diagnostics を実行します(Dell Diagnosticsを参照)。

マウスの問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータに 付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読みくだ さい。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加情報に関し ては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

マウスケーブルを確認します —  

  • ケーブルに損傷がないか、擦り切れていないか、ケーブルコネクタのピンが曲がったり壊れていたりしないかを確認します。曲がったピンがあれば、まっすぐにします。
  • 使用しているマウス延長ケーブルをすべて取り外し、マウスをコンピュータに直接接続します。
  • マウスケーブルが、コンピュータに付属のセットアップ図のとおりに接続されていることを確認します。

コンピュータを再起動します —  

  1. <Ctrl><Esc> を同時に押して、スタート メニューを表示します。
  2. <u> を押し、上下矢印キーを押して Shut down(シャットダウン)またはTurn Off(電源を切る)をハイライト表示し、<Enter> を押します。
  3. コンピュータの電源を切った後、セットアップ図のとおりにマウスケーブルを接続しなおします。
  4. コンピュータの電源を入れます。

マウスを確認します — 正常に機能している別のマウスをコンピュータに接続して、使用してみます。

マウスの設定を確認します —  

Windows XP の場合

  1. スタート ®ントロールパネル ® マウス をクリックします。
  2. 必要に応じて設定を調整します。

Windows Vista の場合

  1. スタート ® コントロールパネル ®ハードウェアとサウンド ®マウス をクリックします。
  2. 必要に応じて設定を調整します。

マウスドライバを再インストールします

ハードウェアに関するトラブルシューティングを実行します — ハードウェアに関するトラブルシューティングを参照してください。

ネットワークの問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読み ください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加情報 に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

ネットワークケーブルコネクタを確認します — ネットワークケーブルがコンピュータ背面のネットワークコネクタおよびネットワークジャックの両方に、しっかりと差し込まれているか確認します。

コンピュータ背面のネットワークインジケータを確認します — リンク保全ライトが消灯している場合は、ネットワーク通信が行われていません。ネットワークケーブルを交換します。

コンピュータを再起動して、ネットワークにログインしなおしてみます

ネットワークの設定を確認します — ネットワーク管理者、またはお使いのネットワークを設定した方にお問い合わせになり、ネットワークへの接続設定が正しく、ネットワークが正常に機能しているか確認します。

ハードウェアに関するトラブルシューティングを実行します — ハードウェアに関するトラブルシューティングを参照してください。

電源の問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読み ください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加情報 に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

電源ライトが青色に点灯していて、コンピュータの応答が停止した場合 — 診断ライトを参照してください。

電源ライトが緑色に点滅している場合 — コンピュータはスタンバイモードになっています。キーボードのキーを押したり、マウスを動かしたり、電源ボタンを押したりすると、通常の動作が再開されます。

電源ライトが消灯している場合 — コンピュータの電源が切れているか、またはコンピュータに電力が供給されていません。

  • 電源ケーブルをコンピュータ背面の電源コネクタとコンセントに抜き差しします。
  • 電源タップ、電源延長ケーブル、およびその他のパワープロテクションデバイスを使用している場合は、それらを外してコンピュータの電源が正常に入ることを確認します。
  • 使用している電源タップがあれば、電源コンセントに接続され、オンになっていることを確認します。
  • 電気スタンドなどの別の電化製品で試して、コンセントが機能しているか確認します。
  • 主電源ケーブルおよび前面パネルケーブルがシステム基板にしっかりと接続されているか確認します(お使いのコンピュータの「システム基板のコンポーネント」の項を参照)。

電源ライトが黄色に点滅している場合 — コンピュータに電力は供給されていますが、内部で電源の問題が発生している可能性があります。

  • 電圧切り替えスイッチの設定が、ご使用の地域の AC 電源に一致しているか確認します。
  • すべてのコンポーネントとケーブルがシステム基板に正しく取り付けられ、しっかりと接続されていることを確認します(お使いのコンピュータの「システム基板のコンポーネント」の項を参照)。

電源ライトが黄色に点灯している場合 — デバイスが故障しているか、または正しく取り付けられていない可能性があります。

  • プロセッサ電源ケーブルがシステム基板の電源コネクタ(POWER2)にしっかりと接続されていることを確認します(お使いのコンピュータの『サービスマニュアル』の「システム基板のコンポーネント」の項を参照)
  • すべてのメモリモジュールを取り外してから装着しなおします(メモリを参照)。
  • グラフィックカードを含め、すべての拡張カードを取り外してから装着しなおします(お使いのコンピュータの「PCI カードおよび PCI Express カードの取り外し」の項を参照)。

電気的な妨害を解消します — 電気的な妨害の原因には、以下のものがあります。

  • 電源ケーブル、キーボードケーブル、およびマウスの延長ケーブル。
  • 同じ電源タップに接続されているデバイスが多すぎる。
  • 同じコンセントに複数の電源タップが接続されている。

プリンタの問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読 みください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加 情報に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。
メモ: プリンタのテクニカルサポートが必要な場合は、プリンタの製造元にお問い合わせください。

プリンタのマニュアルを確認します — プリンタのセットアップおよびトラブルシューティングの詳細については、プリンタのマニュアルを参照してください。

プリンタの電源が入っているかどうか確認します

プリンタのケーブル接続を確認します —  

  • ケーブル接続については、プリンタのマニュアルを参照してください。
  • プリンタケーブルがプリンタとコンピュータにしっかりと接続されているか確認します。

コンセントをテストします — 電気スタンドなどの別の電化製品で試して、コンセントが機能しているか確認します。

プリンタが Windows によって認識されていることを確認します —

Windows XP の場合

  1. スタート ® コントロールパネル ® プリンタとその他のハードウェア ® インストールされているプリンタまたは FAX プリンタを表示する をクリックします。
  2. プリンタが表示されたら、プリンタのアイコンを右クリックします。
  3. プロパティ ® ポート をクリックします。パラレルプリンタの場合は、印刷するポートLPT1(プリンタポート)に設定されているか確認します。USB プリンタの場合は、印刷するポートUSB に設定されているか確認します。

Windows Vista の場合

  1. スタート  ® コントロールパネル ® ハードウェアとサウンド ® プリンタ をクリックします。
  2. プリンタが表示されたら、プリンタのアイコンを右クリックします。
  3. プロパティ をクリックし、ポート をクリックします。
  4. 必要に応じて設定を調整します。

プリンタドライバを再インストールします —

プリンタドライバを再インストールする手順については、プリンタのマニュアルを参照してください。

スキャナーの問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータに 付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読みくだ さい。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加情報に関し ては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。
メモ: スキャナーのテクニカルサポートについては、スキャナーの製造元にお問い合わせください。

スキャナーのマニュアルを確認します — スキャナーのセットアップおよびトラブルシューティングの詳細については、スキャナーのマニュアルを参照してください。

スキャナーのロックを解除します — ロックが解除されているか確認します(スキャナにロックタブやボタンがある場合)。

コンピュータを再起動して、もう一度スキャンしてみます

ケーブル接続を確認します —  

  • ケーブルの接続については、スキャナーのマニュアルを参照してください。
  • スキャナーのケーブルがスキャナーとコンピュータにしっかりと接続されているか確認します。

Microsoft Windows がスキャナーを認識しているか確認します —  

Windows XP の場合

  1. スタート ® コントロールパネル ® プリンタとその他のハードウェア ® スキャナとカメラ をクリックします。
  2. お使いのスキャナーがリストに表示されている場合、Windows はスキャナーを認識しています。

Windows Vista の場合

  1. スタート ® コントロールパネル® ハードウェアとサウンド ®スキャナとカメラ をクリックします。
  2. お使いのスキャナーがリストに表示されている場合、Windows はスキャナーを認識しています。

スキャナードライバを再インストールします — 手順については、スキャナーのマニュアルを参照してください。

サウンドおよびスピーカーの問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読 みください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加 情報に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。

スピーカーから音が出ない

メモ: MP3 およびその他のメディアプレーヤーのボリューム調節が Windows のボリューム設定より優先されることがあります。メディアプレーヤーのボリュームが低く調節されていたり、オフになっていないかを常に確認してください。

スピーカーケーブルの接続を確認します — スピーカーのセットアップ図の指示どおりにスピーカーが接続されているか確認してください。サウンドカードをご購入された場合は、スピーカーがカードに接続されているか確認します。

サブウーハーおよびスピーカーの電源が入っているか確認します — スピーカーに付属しているセットアップ図を参照してください。スピーカーにボリュームコントロールが付いている場合は、音量、低音、または高音を調整して音の歪みを解消します。

Windows のボリュームを調整します — 画面右下角にあるスピーカーのアイコンをクリックまたはダブルクリックします。ボリュームが上げてあり、サウンドがミュートに設定されていないか確認します。

ヘッドフォンをヘッドフォンコネクタから外します — コンピュータの前面パネルにあるヘッドフォンコネクタにヘッドフォンを接続すると、自動的にスピーカーからの音声は聞こえなくなります。

コンセントをテストします — 電気スタンドなどの別の電化製品で試して、コンセントが機能しているか確認します。

電気的な妨害を解消します — コンピュータの近くで使用している扇風機、蛍光灯、またはハロゲンランプの電源を切ってみます。

スピーカーの診断プログラムを実行します

サウンドドライバを再インストールします

ハードウェアに関するトラブルシューティングを実行します — ハードウェアに関するトラブルシューティングを参照してください。

ヘッドフォンから音が出ない

ヘッドフォンのケーブル接続を確認します — ヘッドフォンのケーブルがヘッドフォンコネクタにしっかりと接続されていることを確認します(詳細については、お使いのコンピュータに付属の『セットアップおよびクイックリファレンスガイド』を参照してください)

Windows のボリュームを調整します — 画面右下角にあるスピーカーのアイコンをクリックまたはダブルクリックします。ボリュームが上げてあり、サウンドがミュートに設定されていないか確認します。

ビデオとモニターの問題

警告: コンピュータ内部の作業を始める前に、お使いのコンピュータ に付属しているガイドの安全にお使いいただくための注意事項をお読 みください。安全にお使いいただくためのベストプラクティスの追加 情報に関しては、www.dell.com の規制順守ホームページ www.dell.com/regulatory_compliance をご覧ください。
警告: 工場出荷時に PCI グラフィックカードが取り付けられていた場合は、追加のグラフィックカードを取り付ける際にそのカードを取り外す必要はありません。そのカードはトラブルシューティングの際に必要になります。カードを取り外した場合は、安全な場所に保管してください。グラフィックカードの詳細については、support.jp.dell.com を参照してください。

画面に何も表示されない

メモ: トラブルシューティングの手順については、モニターのマニュアルを参照してください。

画面が見づらい

モニターのケーブル接続を確認します —  

  • モニターケーブルが正しいグラフィックカードに接続されていることを確認します(デュアルグラフィックカード構成の場合)。
  • オプションの DVI-VGA アダプタを使用している場合は、アダプタがグラフィックカードとモニターに正しく接続されていることを確認します。
  • モニターケーブルが、コンピュータに付属のセットアップ図に示されているように接続されていることを確認します。
  • ビデオ延長ケーブルがあればそれを外し、モニターを直接コンピュータに接続します。
  • コンピュータおよびモニターの電源ケーブルを交換して、モニターの電源ケーブルに問題がないか確認します。
  • コネクタが曲がっていないか、ピンが壊れていないか確認します。モニタのケーブルコネクタは一部欠けていますが、これは破損ではありません。

モニターの電源ライトを確認します —

  • 電源ライトが点灯または点滅している場合は、モニターには電力が供給されています。
  • 電源ライトが消灯している場合、ボタンをしっかり押して、モニターの電源が入っているか確認します。
  • 電源ライトが点滅している場合、キーボードのキーを押したり、マウスを動かしたりすると、通常の動作が再開されます。

コンセントをテストします — 電気スタンドなどの別の電化製品で試して、コンセントが機能しているか確認します。

診断ライトを確認します —

診断ライトを参照してください。

モニターの設定を確認します — モニターのコントラストと輝度の調整、モニターの消磁、およびモニターのセルフテストを実行する手順については、モニターのマニュアルを参照してください。

サブウーハーをモニターから離します — スピーカシステムにサブウーハーが含まれている場合は、サブウーハーがモニタから 60 cm 以上離れていることを確認します。

外部電源をモニターから離します — 扇風機、蛍光灯、ハロゲンライト、およびその他の電化製品によって画面が「ぶれる」ことがあります近くのデバイスの電源を切って干渉が発生しているか調べます。

モニターの向きを変えて、画面への太陽光の映りこみや干渉を除きます

Windows のディスプレイ設定を調整します —  

Windows XP の場合

  1. スタート ® コントロールパネル ® デスクトップの表示とテーマ をクリックします。
  2. 変更する領域をクリックするか、画面 アイコンをクリックします。
  3. 画面の色 および 画面の解像度 を別の設定にしてみます。

Windows Vista の場合

  1. スタート ®コントロールパネル® ハードウェアとサウンド ®個人設定 ®画面の設定 をクリックします。
  2. 必要に応じて 解像度 および 色の設定 を調整します。

3D イメージの品質が良くない

グラフィックカードの電源ケーブルの接続を確認します — グラフィックカードの電源ケーブルがカードに正しく接続されていることを確認します。

モニターの設定を確認します — モニターのコントラストと輝度の調整、モニターの消磁、およびモニターのセルフテストを実行する手順については、モニターのマニュアルを参照してください。

画面の一部しか表示されない

外付けモニターを接続します —

  1. コンピュータをシャットダウンして、外付けモニターをコンピュー タに取り付けます。

  2. コンピュータおよびモニターの電源を入れ、モニターの輝度および コントラストを調整します。

外付けモニターが動作する場合、コンピュータのモニターまたはビデオコントローラが不良の可能性があります。デルにお問い合わせください(デルへのお問い合わせを参照)。


デルテクニカルアップデートサービス

デルテクニカルアップデートサービスは、お使いのコンピュータに関するソフトウェアおよびハードウェアのアップデートを電子メールにて事前に通知するサービスです。このサービスは無償で提供され、内容、フォーマット、および通知を受け取る頻度をカスタマイズすることができます。

デルテクニカルアップデートサービスに登録するには、support.dell.com/technicalupdate(英語)にアクセスしてください。


目次に戻る

 

snWEB1