サポートオプション

サポートホームページ

Windows Server 2008 におけるボリュームの拡張と縮小方法 - JPFAQ_198370

記事番号 : 226302_ja公開日 : 2010-10-27ジャーナルID : feafe424-1784-49e0-b2e0-f23612bb72ae
はじめにお読みください

Windows Server 2008 においては新機能として、標準でシステム領域を含むボリュームの拡大と縮小を行えるようになりました。
この機能を使用することにより、不要なボリュームの空き容量を調整し、容量の増加が必要な別のボリュームドライブに割り当てることで容量を拡張することが可能です。
尚、ドライブの拡張についてはベーシックディスクベースの場合、同じディスク上の未割り当て領域のみに限定される点にご注意ください。


 注意:作業実施前にディスクの最適化を行うことを推奨します。
 注意:ファイルシステムの変更を行う作業となるため、万が一に備え作業実行前にバックアップの採取を推奨いたします。

方法は、下記の 2 通り存在します。

1) サーバーマネージャー の [ディスクの管理] 上から実行する方法 (ボリュームの拡張・縮小)
2) コマンドプロンプトにて diskpart コマンドを実行する方法

上記の2 通りの方法について、下記に記載しましたのでご参照ください。


ボリュームの拡張
  1. 管理者としてログオンしサーバーマネージャを起動します。

  2. [記憶域]-[ディスクの管理] 内のドライブを右クリックし [ボリュームの拡張] をクリックします。



     
  3. ボリュームの拡張ウィザード が表示されたら [次へ] をクリックします。




  4. ディスクの選択 画面にて拡張するディスクを選択し、拡張する領域のサイズを入力します。




  5. ボリュームの拡張ウィザードの完了画面 が表示されたら [完了] をクリックします。



     
  6. [ディスクの管理] 内でディスクが拡張されたことを確認します。


ボリュームの縮小
  1. 管理者としてログオンしサーバーマネージャを起動します。

  2. [記憶域]-[ディスクの管理] 内の D: ドライブを右クリックし [ボリュームの縮小] をクリックします。




  3. 「縮小する領域のサイズ」 に縮小する容量を入力し [縮小] をクリックします。



     
  4. [ディスクの管理] 内に未割り当ての領域が作成されたことを確認します。




CLI (コマンドライン・インタフェース) にて拡張・圧縮する方法

G UIベースでの操作以外に diskpart Extend コマンドによる拡張及びdiskpart shrink コマンドによるディスクの圧縮を行うことも可能です。

・   diskpart Extend コマンド
  1. 管理者としてログオンし [ファイル名を指定して実行] に 「cmd」 と入力しコマンドプロンプトを起動します。

  2. 「diskpart」 と入力します。

  3. 「list volume」 と入力しコンピュータ上のボリュームを表示し、拡張するボリュームを確認します。

  4. 「Select Volume」 と入力し、上記 「list volume」 で確認した拡張したいボリュームの番号を指定します。

  5. 「extend」 と入力します。

  6. 「Diskpart はボリュームを正常に拡張しました。」とメッセージが表示されるのを待ちます。

    ※ 拡張するサイズにより数分から数十分の時間がかかる場合があります。
     

・   diskpart shrink コマンド
  1. 管理者としてログオンし [ファイル名を指定して実行] に 「cmd」 と入力しコマンドプロンプトを起動します。

  2. 「diskpart」 と入力します。

  3. 「list volume」 と入力しコンピュータ上のボリュームを表示し、拡張するボリュームを確認します。

  4. 「Select Volume」 と入力し、上記 「list volume」 で確認した拡張したいボリュームの番号を指定します。

  5. 「shrink」 と入力します。(サイズを指定する場合には desired= <縮小したい数値> を入力します)
    ※ 縮小したいサイズの数値を指定しない場合、解放可能な最大サイズを縮小します。

  6. 「Diskpart は次の方法で正常に縮小しました。」とメッセージが表示されるのを待ちます。

    ※ 縮小するサイズにより数分から数十分の時間がかかる場合があります。


    本技術情報の対象製品

    ・ Microsoft Windows Server 2008
    ・ Microsoft Windows Server 2008 R2

    ※ Windows Server 2003 に関してはデータ領域の拡張を Diskpart コマンドを使用して実行することが可能ですが、縮小を実行することが出来ません。

    システム領域に関しては GUI 、コマンドのいずれの場合にも縮小および拡張することは出来ませんのでご注意ください。
     
  以上で設定方法は終了です。 

 
ツールバー
新規検索を開始する
ジャーナルを調べる
このページの情報は役に立ちましたか?
フィードバックを送る
snWEB1